国営企業の株式化を強化

(VOVWORLD) -国会経済委員会のブー・ホン・タイン委員長が読み上げた報告によりますと、2011年~2016年期において、国営企業の株主資本はいずれも増加しています。
国営企業の株式化を強化 - ảnh 1

28日、ハノイで開催中の国会では国営企業における国家資産と資本の使用管理に関する法律や政策の実施と2011年~2016年期における国営企業の株式化についての討議が行われました。

国会経済委員会のブー・ホン・タイン委員長が読み上げた報告によりますと、2011年~2016年期において、国営企業の株主資本はいずれも増加しています。企業の構造再構築を行ってから、2016年12月31日現在、国営企業の数は583社があります。国営企業は経済における重要な役割を示し、マクロ経済の安定化、経済社会発展に貢献しています。タイン委員長は次のように語りました。

(テープ) 

「国営企業は民間企業こそ投資していないものの経済の基幹的な分野に集中的に投資するという方向に沿って、構造転換を行っています。多くの国営企業は技術移転、世界経済への参入、市場の安定化に先駆けています。資本の保全と成長が前向きな成果を収め、国家予算への貢献が増加しています。2016年の収益高は1516兆ドン、約7兆5千8百億円にのぼっています。国外への投資が積極的に進められてきました。2016年末現在、国営企業や総公社18社は国外へ投資を行っており、その投資総額は126億ドルにのぼりました。」

討議では、政府が国営企業の株式化に深い関心を寄せていることや国家資産の管理が強化されているという見解で一致しました。


ご感想

他の情報