国外在留ベトナム人青年 革命根拠地を見学

(VOVWORLD) - 国外在留ベトナム人青年を対象とするベトナムサマーキャンプ2019の一環として、12日、キャンプに参加する青年たちは、北部タイグエン省にあるディンホア革命根拠地遺跡群を見学しました。
国外在留ベトナム人青年 革命根拠地を見学 - ảnh 1 遺跡群でとった記念写真

ディンホア革命根拠地は1947年に設立され、フランスとの戦いにおいて「革命の首都」と呼ばれていました。

遺跡群で、国外在留ベトナム人青年たちは、ホーチミン主席記念館で線香を手向けた後、遺跡群の展示場を見学しました。カナダ在住のブイ・ホアン・タンさんは次のように話しました。

(テープ)

「粗末な武器しかない時代に、より近代的な武器を持っていた敵を打ち破ったことは、国の独立のために断固として戦うベトナム人の精神を示しているということがわかりました。昨日、ベトナム軍事歴史博物館を訪れたとき、歴史的なディエンビエンフー作戦の勝利について教えてもらいましたが、ディンホア革命根拠地は、ディエンビエンフー作戦の展開に関する会議が行われた場所であったということがわかりました。」

一方、ディンホア革命根拠地遺跡群のガイド ド・ティ・ニャ・チャンさんは次のように話しました。

(テープ)

「国外在留のベトナム人青年に見学してもらって、うれしく思っております。彼らは、私の案内をちゃんと聞いてくれましたので、感動しました。これからも、より多い国外在留ベトナム人青年が、ベトナムの革命根拠地を訪れてベトナムの歴史をより深く理解できるように希望します。」

ご感想

他の情報