国連ウェーサーカ祭の準備が整う

(VOVWORLD) -現在、ベトナム仏教協会とハナム省行政府はこのイベントを成功裏に行うための準備を整えました。

来る13日、北部ハナム省キムバン県のタムチュク寺で、釈迦の誕生を祝う国連ウェーサーカ祭が開幕します。現在、ベトナム仏教協会とハナム省行政府はこのイベントを成功裏に行うための準備を整えました。

国連ウェーサーカ祭2019の副理事長を務めるフラマハ・ハンサ・ドラマハソ和上は世界仏教徒連盟はベトナム仏教協会の周到な準備を高く評価し、次のように語りました。

(テープ) 

「国連ウェーサーカ祭はベトナムだけでなく、世界仏教徒コミュニティの文化、宗教イベントでもあります。また、国連ウェーサーカ祭は国連の文化面でのイベントでもあります。ベトナムが国連ウェーサーカ祭を主宰するのは今回で3回目となります。前回に、ベトナムはこのイベントを成功裏に開催し、世界友人に素晴らしい印象を残しました」

10日から、タムチュク寺を始め、タムチュク心霊観光地で、仏教文化展示会、仏教文化にかかわる品々の展示会、タムチュク湖における灯篭流し大会、芸術公演、花火大会など様々な活動が行われています。

ご感想

他の情報