国連、ウェーサーカ祭を記念

(VOVWORLD) - グテレス国連事務総長は、仏教の教理を高く評価し、「その教理は持続可能な開発のための2030アジェンダと多くの類似点がある」と強調しました。
国連、ウェーサーカ祭を記念 - ảnh 1 グエン・フゥオン・ガ国連大使(写真:TTXVN)

2日、国連本部で、「釈尊祝祭日 ウェーサーカ祭 2018」を記念する式典が行われ、ベトナムを含め、国連加盟諸国と国際組織の代表、及び、各国の数百人の尼僧が参加しました。

席上、発言にたったベトナムのグエン・フゥオン・ガ国連大使はウェーサーカ祭と仏教の意義を強調しました。ベトナムにおける仏教の役割に関し、ガ大使は、「仏教がベトナムに伝わってからこの2000年、社会における平和・融和の維持、国の建設防衛事業などに多大に貢献してきた」と確認しました。

また、「国民の信仰と宗教の有無に関す自由権の確保、各宗教間の団結強化、各宗教の文化的価値の発揮、国の建設防衛事業と国民の生活改善事業への各宗教の貢献奨励」というベトナムの終始一貫した政策を強調しました。

一方、式典で、グテレス国連事務総長は、仏教の教理を高く評価し、「その教理は持続可能な開発のための2030アジェンダと多くの類似点がある」と強調しました。

ご感想

他の情報