国連、シリア調査に乗り出す

国連、シリア調査に乗り出す - ảnh 1

内戦が続くシリアでは、今月21日、首都ダマスカスの郊外で、政府軍が化学兵器を使用して子どもを含む数百人が死亡したと反政府勢力側が主張しています。

これに対し、シリア政府は全面的に否定し、国営テレビは「逆に反政府勢力の武器の保管庫で化学兵器が見つかった」と伝えています。こうした中、すでにシリアに入っている国連の調査団が、シリア政府の同意を得て26日から現地調査を行うことになりました。今回の問題を巡っては、実際に化学兵器が使われたかどうかについても、見方は分かれています。

このため、国連の調査団が、実際に化学兵器が使われたのかどうかや、使われていた場合、政府軍、反政府勢力側のどちら側によるものだったのかを巡り、真相に迫ることができるか注目が集まっています。

ご感想

他の情報