国連事務総長とミャンマー大統領の会談

ミャンマーを訪れている国連の潘基文事務総長は30日、ミャンマーのテイン・セイン大統領と首都ネピドーで会談しました。

民主化運動指導者アウン・サン・スー・ チー氏との対話を深めて民主化を進めるとともに、少数民族問題も含めた国民和解に力を尽くすよう要請しました。国際社会への本格的な復帰に向けた協調関係づくりを 目指します。

国連事務総長とミャンマー大統領の会談 - ảnh 1

事務総長は訪問前にニューヨークの国連本部で、大統領とスー・チー氏が「力を合わせて大きな前進を遂げた。今後も力を合わせてさらに前進すると確信している」と述べ、政府と民主化勢力の和解や協力に期待する立場を強調していました。

ご感想

他の情報