国連人権理にアイスランド=米離脱受け補選

【ニューヨーク時事】国連総会で13日、アメリカの離脱に伴う国連人権理事会(定数47)の補欠選挙が行われました。

投票結果はアイスランドが172票、フランスが1票、棄権5票でアイスランドが当選しました。アイスランドは、アメリカが務める予定だった2019年末までの任期を引き継ぎます。
アメリカは6月、人権理について、中国やキューバなどの人権侵害国が理事国入りし、反イスラエルの政治的偏見もあると批判、離脱を表明しました。

ご感想

他の情報