国際メディア、露首相のベトナム訪問を評価


6日と7日の両日、各国のメディアはロシアのメドベージェフ首相によるベトナム訪問を取り上げました。

ロシアのノーボスチ通信やタス通信、インテルファクス通信などはベトナムのグエン・タン・ズン首相とロシアのメドベージェフ首相の会談の結果、また、メドベージェフ首相とベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長、チュオン・タン・サン国家主席との会見を報じました。ノーボスチ通信は「今年、ベトナムとロシアの商取引額は70億ドルに達する見込みだ。ベトナムとロシア、カザフスタン、ベラルーシ3カ国の関税同盟のFTA自由貿易協定の交渉終結により、今後、両国の商取引額が増加する可能性がある」と伝えました。

こうした中、イギリスのロイター通信は「ベトナムとロシアは自由貿易協定の設立に関する合意書を締結する」と報じました。一方、アメリカのAP通信はメドベージェフ首相の言葉を引用し、2020年前までに、ベトナムとロシアの商取引額は100億ドルを突破するであろう」と伝えています。

ご感想

他の情報