国際社会へ発進国家指導委員会を発足

国際社会へ発進国家指導委員会を発足 - ảnh 1

23日、グェン・タン・ズン首相は「国際社会への参入を担当する国家指導委員会」の発足を決定しました。これに基づき、グェン・タン・ズン首相が委員長を、ブ・バン・ニン副首相、ブ・ドク・ダム副首相、ファム・ビン・ミン副首相兼外相が副委員長を務めます。

この委員会の任務は、国際社会への参入に関する方向、戦略、方策、及び重要な任務などを提出することです。また、同委員会は各省庁、省に相当する各機関、政府直轄機関、各省と中央直轄市の人民委員会に対し、国際社会への参入に関する政策の実施、重要な問題の解決などの指導にあたります。

ご感想

他の情報