在アメリカと南アフリカ大使館 ベトナムの独立記念日を祝う

ワシントン時間の29日夜、在アメリカベトナム大使館は9月2日のベトナムの独立記念日68周年を記念する式典を行いました。

在アメリカと南アフリカ大使館 ベトナムの独立記念日を祝う - ảnh 1

式典で、在アメリカベトナム大使館のグェン・コック・クオン( Nguyen Quoc Cuong)大使は「総人口およそ9千万人を擁するベトナムは現在ダイナミックな市場になり、ドイモイ刷新事業を推進するとともに、国際社会への参入に全力を尽くしている」と強調しました。ベトナムとアメリカとの関係に関して、クオン大使は「1945年、独立を宣言した数ヵ月後、ホーチミン主席は当時のアメリカのトルーマン大統領に送った書簡の内容のように、ベトナムとアメリカが十分な関係が結ぶことへの希望を表明するとともに、両国間の全面的パートナー関係の発展と今年7月に行われたベトナムのチュオン・タン・サン国家主席によるアメリカ訪問で両国の指導者が達成した合意書の実施に取り組むことで言明しました。

一方、同日、南アフリカのプレトリア駐在ベトナム大使館は9月2日のベトナムの独立記念日68周年を記念する式典を行いました。式典で、在南アフリカ大使館のレ・フィ・ホアン( Le Huy Hoang)大使は「南アフリカとの友好関係を重視するというベトナム共産党と政府の政策を再確認するとともに、2013年、両国は外交関係樹立20周年を記念する様々な活動を行う。これは両国関係の発展に重要な節目を記すものである」と述べました。


ご感想

他の情報