在外邦人の安全確保を 参院でも決議採択

在外邦人の安全確保を 参院でも決議採択 - ảnh 1 
(写真:AFP/TTXVN)


 (NHK)6日、開かれた参議院本会議で、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件を受けた決議が全会一致で採決されました。

決議では、「非道、卑劣極まりないテロ行為であり、許しがたい暴挙を断固非難する。このようなテロ行為は、いかなる理由や目的でも正当化されず、テロリズムを断固として非難するとともに、決してテロを許さない姿勢を今後も堅持することを表明する」としています。

そして、▽中東・アフリカ諸国に対する人道支援の拡充や▽テロの脅威に直面する国際社会との連携の一層の強化、それに▽海外に滞在する日本人の安全確保に万全の対策を講じるよう政府に求めています。

これに対し岸田外務大臣は「日本がテロに屈することは決してない。決議の趣旨を踏まえ、政府として、今後も国内外の日本人の安全確保に万全の対策を講じていく」と述べました。

ご感想

他の情報