外国でのホーチミン主席生誕122周年記念活動

19日、ロシアのサンクトペテルブルク国立総合大学は5月19日のホーチミン主席生誕122周年記念式典や、同大学所属ホーチミン学院設立2周年記念式典、ホーチミン像落成式を行いました。

外国でのホーチミン主席生誕122周年記念活動 - ảnh 1
モスクワのホーチミン広場にあるホーチミン像での献花式典


席上、同大学の学長らは「ホーチミン学院が設立されて以来、ベトナムとホーチミン主席に関する研究活動は日増しに発展し、両国の関係強化に寄与していると評価しました。

同日、タイ東北部のナコンファノム省は同省のナチョク友好村で、ホーチミン主席生誕122周年とベトナム・タイ外交関係樹立を記念する式典を開催しました。

また、同日夜、ラオスの首都ビェンチャンで、ホーチミン主席生誕とラオス・ベトナム友好年を記念する音楽会が開催され、両国アーチスト200人が公演しました。この音楽会に参加したグエン・バン・チャウ(Nguyen Van Chau)さんは次のように感想を述べました

(テープ)

「これらの活動はラオス在留ベトナム人共同体を鼓舞するものとなっています。また、若い世代教育にも有益です。この音楽会に参加して、自分の責任を実感できました」

チャウさんはこのように語りました

他方、ホーチミン主席生誕122周年記念日にあたり、中国の国際放送局は中国駐在ベトナム大使館と協力して、両国の学生交流会を主催し、「越中友好喉自慢大会2012」をスタートさせました。

ご感想

他の情報