「夢の火を灯す」貧困状態にある子どもへの支援プログラム

(VOVWORLD) - 今年のプログラムは、貧しい世帯出身の子どもや枯葉剤被害を受ける子どもなどを対象に、千人分の奨学金と5千人分のプレゼントを渡すことが目標です。

2日、ハノイで、ベトナム子ども権利保護協会は記者会見を開き、貧困状態にある子どもへの支援プログラム「夢の火を灯す2017」を紹介しました。このプログラムが行われるのは今年が4回目です。

「夢の火を灯す」貧困状態にある子どもへの支援プログラム - ảnh 1 記者会見の様子

今年のプログラムは、貧しい世帯出身の子どもや枯葉剤被害を受ける子どもなどを対象に、千人分の奨学金と5千人分のプレゼントを渡すことが目標です。来る9月に、同協会は、中部のダクノン省、ダクラク省、そして、南部のティエンザン省、ハウザン省、バクリェウ省、チャビン省の子どもたちに450人分の奨学金と千人分のプレゼントを渡す予定です。

ベトナム子ども権利保護協会のグエン・ティ・タイン・ホア副会長は次のように語りました。

(テープ)

「当協会は、基準を満たす対象にプレゼントを渡すべきという目標を掲げています。地方と協力して、子どもの家族構成やその状態を明らかにする資料を作って選考します。喜ばしいことは、例年より、社会からの大きな支援を受けていることです。これは、困難な状態にある子どもたちにとって大きな励ましになると思います。」

この機に、ベトナム子ども権利保護協会は、子どもを対象とした報道賞を発表しました。今年の10月から来年の3月までマスメディアで報道される記事はこの報道賞に応募することができるということです。

ご感想

他の情報