「太平洋パートナープログラム2018」ニャチャン市で終了

(VOVWORLD) - 今年のプログラムには、アメリカ海軍のほか、イギリス、日本、ベトナムの海軍の幹部・兵士合わせて800人が参加しました。
「太平洋パートナープログラム2018」ニャチャン市で終了 - ảnh 1 ニャチャン市の幹部が病院船「マーシー」の士官に花をあげる。

2日、災害救援などを行っているアメリカ海軍の病院船「マーシー」(USNS Mercy, T-AH-19)は、ベトナム中部カインホア省ニャチャン市のニャチャン港を出港し、2週間に渡って実施された「太平洋パートナープログラム2018」を終了しました。

今年のプログラムでは、カインホア省の多くの診療所と学校が改装されたほか、自然災害防止対策に関する研修会や、救難訓練、医療関係者の育成、無料診断などが行われました。

なお、「太平洋パートナープログラム」は、世界で最も壊滅的な自然災害の1つである2004年12月の南・東南アジアの一部を壊滅させた津波に対応して開始されたものです。このプログラムがベトナムで展開されるのは今年で13年目となっています。今年のプログラムには、アメリカ海軍のほか、イギリス、日本、ベトナムの海軍の幹部・兵士合わせて800人が参加しました。

ご感想

他の情報