安保理非常任 ベトナムを選出

(VOVWORLD) - ベトナムは、国連加盟193カ国から192の賛成票を得て、選出されました。
安保理非常任 ベトナムを選出 - ảnh 1      写真:TTXVN

現地時間の7日、アメリカのニューヨークにある国連本部で、国連総会は2019年末に任期を終える安全保障理事会の非常任理事国の後任5カ国を選出しました。

ベトナムは、国連加盟193カ国から192の賛成票を得て、選出されました。任期は2020年1月から2年間となります。ベトナムが、国連安全保障理事会非常任理事国に選ばれるのは今回が2回目です。1回目は2008~2009年期でした。

ベトナムが2020年~2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国に選ばれた際に、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席は、ベトナム国民と国際友人にメッセージを送り、その中で、国連加盟諸国がベトナムを支持、選出したことに感謝しました。

また、チョン氏は、「安保理非常任理事国になることは、大きな名誉であるが、極めて重い責任でもある。ベトナムは、国際共同体から託された任務の遂行に全力を尽くして努力しなければならない。ベトナムは、独立、自主、平和、協力、発展、全方位、国際関係の多様化、国際社会への主体的参入、各国の信頼にたる友人、パートナーになれるという外交政策を終始一貫して実現しており、国際法と国連憲章を遵守し、平和・協力・発展の為に国際共同体の努力に積極的に貢献してゆく」と強調しました。

さらに、チョン党書記長・国家主席は、ベトナムが国連安全保障理事会非常任理事国の任務を立派に果たすはずであるとの確信を表明しました。

一方、VOVベトナムの声放送局のアメリカ特派員のインタビューに対し、ベトナムのレ・ホアイ・チュン外務次官は次のように語りました。

(テープ)

「世界の主なすう勢は平和・協力・発展ですから、ベトナムは大きなメリットを受けています。また、ベトナムはより多くの経験を積んでいます。そして、安保理の議題を始めとする世界の各問題に対するベトナムの見解、及び、全方位外交政策は世界各国の支持を受けています。さらに、10年前と比べれば、ベトナムがドイモイ刷新事業と国際社会への参入事業で収めた成果は大きくなっており、国際社会に認められています。これは、ベトナムにとってメリットになると思います。」

一方、ベトナムのダン・ディン・クイ国連大使は、ベトナムは安保理非常任理事国の任務を遂行するために、良く準備したと明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムは、安保理非常任理事国としての任務を終えたばかりスウェーデンやエチオピア、カザフスタンなどから大きな協力を受けています。また、5月の安保理議長国を務めたインドネシアをはじめ、安保理の各国にも協力してもらっています。そして、国連は、安保理非常任理事国になる国に対し、人材育成を支援しています。ベトナムは、これらの協力と支援を最大限に活用して、安保理非常任理事国としての任務の遂行のために全力を尽くしてゆきます。」

ご感想

他の情報