安倍首相のイラン訪問は大きな前進、イランも高く評価=菅官房長官

(VOVWORLD) -14日閣議後の会見で菅義偉官房長官は、安倍晋三首相のイラン訪問について、イラン側も高く評価しているとの認識を示しました。

同国のロウハニ大統領から戦争は望まないとの明確な発言、最高指導者ハメネイ師からは平和への信念、核兵器を製造も所有もしないとの発言があったことは、中東地域の平和と安定確保に向けて大きな前進だと述べました。

トランプ米大統領が安倍首相のイラン訪問に感謝を示す一方でイランとの対話には時期尚早としていることについては、コメントは控えました。今回の訪問の成果に関しての安倍首相と米大統領との電話会談は現在調整中といいます。

ホルムズ海峡に近いオマーン沖で13日、日本の石油タンカーなど2隻が攻撃を受け、アメリカはイランの関与を指摘しています。

菅長官は、引き続き情報収集中であるため予断を持った発言を控えるとした上で「現在、アメリカと緊密に連携して情報収集にあたっている」と述べました。

ご感想

他の情報