安倍首相「テロリストたちを決して許さない」

安倍首相「テロリストたちを決して許さない」 - ảnh 1
写真:ロイター

安倍晋三首相は1日朝、中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織が日本人人質の後藤健二さんを殺害したとみられる画像をインターネット上で公開し たことについて「ご家族の心中を思うと言葉もない。このような非道かつ卑劣極まりないテロ行為に強い憤りを感じる。テロリストたちを決して許さない。その 罪を償わせるために、国際社会と連携していく」と強く非難しました。

首相官邸で記者団に語りました。首相は同時に「日本がテロに屈することは決してない。食糧支援や医療支援といった人道支援をさらに拡充していく。テロとの戦いを国際社会において日本としての責任を毅然として果たしていく」とも語りました。

過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人人質事件で、後藤健二さんとみられる男性を殺害したとする新たな映像が公開されたことを受け、各国の首脳が強く非難する緊急声明を発表しています。
アメリカのオバマ大統領は声明で、「後藤さんは報道を通して、勇敢にも、シリア国民の苦しい状況を世界の人々に伝えようとした」とたたえ、哀悼の意を示しました。
さらに、「イスラム国」壊滅のため、「断固たる措置をとり続けていく」と述べ、同盟国の結束が揺るぎないものであることをアピールしました。
また、イギリスのキャメロン首相は、「『イスラム国』が人の命を顧みない、悪の集団だということをあらためて思い知らせる」と強く非難しました。

国連の潘基文事務総長は、「野蛮な殺人を極めて強く非難する。イラクと シリアでそれだけ多くの暴力があるということを強調するものだ」と述べた上で、「イスラム国」などにとらえられている人質の無条件での解放を求めています。

ご感想

他の情報