安倍首相、憲法改正は「自民党がリーダーシップを取って臨時国会の提出目指すべき」

(sankei.com)安倍晋三首相は2日の記者会見で、憲法改正について「(自民党総裁選の)結果が出た以上、党は議論を深めて作業を加速させてほしい。自民党がリーダーシップを取って次の国会への提出を目指すべきだ」と改めて表明しました。

安倍首相、憲法改正は「自民党がリーダーシップを取って臨時国会の提出目指すべき」 - ảnh 1 (写真:ロイター)

(sankei.com)安倍晋三首相は2日の記者会見で、憲法改正について「(自民党総裁選の)結果が出た以上、党は議論を深めて作業を加速させてほしい。自民党がリーダーシップを取って次の国会への提出を目指すべきだ」と改めて表明しました。

公明党などとの協議については「まずは具体的な条文を示さないと公明党や国民の理解は深まらない。その後のスケジュールは国会次第なので予断を持っては言えない」と述べました。

ご感想

他の情報