対朝鮮、圧力強化を協議へ日米韓首脳会談で米副長官

対朝鮮、圧力強化を協議へ日米韓首脳会談で米副長官 - ảnh 1
米国のブリンケン国務副長官
 (写真:Reuters)

【ワシントン共同】米国のブリンケン国務副長官は29日、31日に開催される日米韓3カ国の首脳会談について、挑発行動を続ける朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化策が「最大の議題」になると強調し、国連安全保障理事会の制裁決議履行に加え、追加制裁を協議すると述べました。ワシントンの講演で語りました。

ブリンケン氏は、3首脳が朝鮮民主主義人民共和国に核開発放棄の選択を迫るための「独自もしくは集団的に実施できる追加措置」を話し合うとしました。挑発行動阻止には「真の圧力」をかけるのが最も効果的だとし、朝鮮民主主義人民共和国と緊密な経済関係を持つ中国の協力が重要だと指摘しました。

また「中国は、北朝鮮の行動が地域不安定化の最大の要因だと認識している」と述べ、国際社会と朝鮮民主主義人民共和国対応で共同歩調を取ることに利益を見いだしていると分析しました。31日には米中首脳会談も実施予定で、朝鮮民主主義人民共和国問題が主要議題となる見通しです。

ご感想

他の情報