対米報復措置を検討=外交官追放でロ外相

(ブリュッセルAFP=時事) -ラブロフ外相は「ロシア政府はこれまで報復を控えてきたが、アメリカ側がこの問題を解決しないのであれば、われわれは対抗措置を取らねばならない」と述べました。
対米報復措置を検討=外交官追放でロ外相 - ảnh 1     首都モスクワ(写真:: Sputnik)

ロシアのラブロフ外相は11日、アメリカのオバマ前政権が大統領選介入を理由にロシア外交官35人を追放した問題について、報復措置を検討していると警告しました。ブリュッセルで欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)と共に行った記者会見で語りました。

ロシア政府はこれまで報復を控えてきたが、ラブロフ外相は会見で「アメリカ側がこの問題を解決しないのであれば、われわれは対抗措置を取らねばならない」と述べました。

ご感想

他の情報