常に人権保護を重要視するベトナム

常に人権保護を重要視するベトナム - ảnh 1
タイン特命全権大使= dangcongsan.vn




15日、国連ジュネーブ事務局に駐在する代表を努めるベトナムのグエン・チュン・タイン特命全権大使は、2016年5月13日付の国連人権高等弁務官事務所のスポークスマンの報告に関する記者団のインタビューに応えました。

その中で、「これらの情報は正しくないもので、客観性に欠け、検証すらない」として、否定した上で、遺憾を表明しました。タイン大使は、「ベトナムは常に、自国の2013年憲法と人権に関する国際基準に従って、言論と集会の自由権など国民の基本的権利を尊重・保障している。各国際条約はいずれも、“個人の各自由権は、社会の安全保障や、秩序、道徳、共同体と個人の健康・利益などにマイナス影響を及ぼさず、法律の枠内で行使される必要がある”と規定している。

これに基づき、ベトナムは、老人・児童・女性をはじめ、国民の安全を保障するために必要な措置をとる」と強調しました。また、中部沿海各省で発生した環境事故に関し、タイン大使は、「ベトナム政府や、地方行政は、影響を受けた住民を支援しなから、国内外の科学者と協力して、原因を究明している」と明らかにしました。

ご感想

他の情報