「従軍記者、ホーチミン主席を見習う」座談会

(VOVWORLD) -  14日午前、ハノイで、ベトナム人民軍機関紙「クァンドイニャンザン」は軍隊放送センターと協力し、「従軍記者、ホーチミン主席を見習う」座談会を開催しました。
「従軍記者、ホーチミン主席を見習う」座談会 - ảnh 1

 これはホーチミン主席の遺書実現50周年、全国民あげての国防活動への参加実現30周年、及び「ベトナム革命報道の日」94周年を記念する活動の1つです。

座談会で発表された報告は報道関係者、とりわけ従軍記者に対するホーチミン主席の教えとその価値を強調しました。軍隊放送センター・時事室のレ・クアン・フイ室長は次のように語りました。

(テープ)

「報道に関するホーチミン主席の思想、道徳、特に独習や心身練磨能力を学ばなければなりません。今日、デジタル化は報道活動の刷新に道いびき、記者らに新たな技能を身につけることを求めています。しかし、革命報道者としてのホーチミン主席の人格、道徳は永遠に変わりません。」

ご感想

他の情報