「恩に報いる」運動開始

18日午前、ハノイで、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会は5月19日から7月27日にかけて実施される「恩に報いる」運動を開始しました。

開始式で、祖国戦線中央委員会幹部会のフィン・ダム議長は各レベルの祖国戦線は若い世代をはじめ、人民各層に対し、革命功労者や国のために身を捧げた戦没者の恩に報いるというベトナムの古きよき伝統の美意識を幅広く宣伝教育するよう要請し、次のように語りました。(テープ)

「傷病軍人、戦没者の遺族、革命功労者を支援するのは各省庁と社会全体の感情であり、責任でもあります。国内外の各省庁、機関、人民は団結伝統を発揮し、この「恩に報いる」運動に積極的に参加するよう呼びかけます」

ダム議長はこのように語りました。

一方、開始式で、ベトナムのグェン・ティン・ニャン副首相は各省庁に対し、「共産党の第5回総会の決議に基づき、革命功労者の物心両面の生活水準の向上のため全力を尽くすよう」求めました。

ご感想

他の情報