情報通信相、迷惑メール対策を強化


19日、グエン・バク・ソン情報通信大臣はテレビ出演し、迷惑メールや、ネットで流される有害情報の防止対策について説明しました。

ソン大臣は、「情報通信省は、迷惑メール防止対策に関する政令を発布した。また、現在、その政令の改正や実施ガイダンスの作成を急いでいる」と明らかにしました。また、「これらの規定によると、違反者が厳罰を受ける」としています。

ソン大臣はさらに、迷惑メールや、ネットで流される有害情報の防止対策に対する報道界の役割に触れ、「これまで、各マスメディアは多くの成果を収めてきたが、今後も、さらにその活動に力を入れていく必要がある」と強調しました。

 

ご感想

他の情報