成長持続へ政策総動員=WTO改革も確認-G20開幕

(VOVWORLD) -28日午前、日米欧に中国などが加わる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が、大阪市で開幕しました。

米中貿易摩擦の激化などで世界経済の不透明感が増す中、先進・新興国それぞれが持続的成長を実現するため政策を総動員することを確認しました。WTO=世界貿易機関改革の重要性も共有します。初めて議長国を務める日本は、各国・地域の合意形成を図り、29日に米中を含む全会一致での首脳宣言採択を目指します。

サミットは安倍晋三首相が各首脳を出迎えて始まりました。初日は米中摩擦への対応、紛争解決手続きを含むWTO改革のほか、国境を越える膨大なデータを基盤とする「デジタル経済」への対応などを協議します。米中などの緊張を認識した上、財政・金融政策、構造改革の実施を確約します。

貿易分野では昨年に続き、アメリカが拒否する「保護主義と闘う」といった文言を避けながら、自由貿易推進に向けたメッセージをどう首脳宣言に盛り込むかが焦点です。

デジタル経済をめぐっては、巨大IT企業の存在感が高まる中、データ流通や電子商取引に関するルール整備について議論します。日本は、安倍首相が提唱した「信頼性のあるデータの自由な流通」の重要性を訴え、首脳宣言に反映させたい考えです。

開幕に先立ち、安倍首相は28日朝、トランプ大統領と会談しました。各首脳とも協議を行い、サミットへの協力を呼び掛けます。

ご感想

他の情報