政府、行政改革を決意


グェン・タン・ズン首相は、先頃行なわれた行政改革と公務員制度改革の促進に関するオンライン会議で、「2015年は行政改革と公務員制度改革事業の著しい兆しを示す年でなければならない」との決意を表明しました。

政府、行政改革を決意 - ảnh 1

ズン首相は関連各省庁に対し、「行政改革事業を、重点的な政治任務で、2011~2020年期における経済社会発展戦略に突破口を切り開くものとしてと見做すよう」求めました。

同時に、社会主義的方向に沿った市場経済体制の改革や、政策の完備なども進めていく必要があるとしています。ズン首相はまた、関連各省庁に対し、公務員や幹部を対象に教育を強化し、「ホーチミン主席の道徳を見習おう」運動をさらに進めていくよう要請しました。

そして、政府関連機関の情報技術の導入、電子政府の構築を推進する必要があると訴えました。

 

ご感想

他の情報