教育・科学技術分野の国際参入国家指導委員会の定例会合

6日午後、ハノイで、教育・科学技術分野の国際参入国家指導委員会委員長を務めるグエン・ティエン・ニャン副首相は同委員会の定例会合を主催しました。


教育・科学技術分野の国際参入国家指導委員会の定例会合 - ảnh 1

会合で、委員らは今年上半期における教育・科学技術分野の国際参入状況を報告しました。これによりますと、教育養成省は労働傷病軍人社会事業省と協力し、2020年までの教育・職業訓練分野の国際参入計画案を作成し、現代化・標準化に向けた教育事業の刷新を狙うとしています。

会合で発言に立ったグエン・ティエン・ニャン副首相は教育養成省に対し、大学の建設に関する各国との協力戦略を準備するとともにロシアとの教育協力を強化するよう要請しました。

また、ニャン副首相は外務省に対し、国外在留ベトナム人に対する母国語教育計画を点検した上で、教育養成省をはじめ、関連各省庁と協力し、この計画を精力的に実施するよう指示しました。

 

ご感想

他の情報