文化とスポーツのニュース

先週の主な文化とスポーツのニュースをまとめてお伝えします。

始めに文化ニュースです。

*先週、ハノイで、ベトナム文化スポーツ観光省は、来年1月6日の初総選挙70周年にあたり、ポスター製作コンクールを始動しました。このコンクールは、ベトナム国会の歴史、革命事業における国会の役割、国会の刷新などを宣伝教育するためのものです。コンクールの結果は来年の始めに行われる初総選挙70周年記念式典で発表される予定です。

*10日、ベトナム北部ニンビン省人民委員会は、世界遺産としてユネスコに認定されている同省のチャンアン遺跡の管理計画について国内外の専門家との協議を行いました。この協議は、チャンアン世界遺産の保存及び持続可能な開発を目指すものです。協議で、文化スポーツ観光省のダン・ティ・ビック・リエン次官は地方行政府に対し、チャンアン遺跡の企画マスタープランの早期作成や、この遺跡の保存と開発に従事するスタッフの能力向上などを進めるよう求めました。

*来る10月10日のハノイ解放61周年記念日にあたり、先頃、ハノイ文化基金は写真とビデオコンクールを始動しました。このコンクールの結果は、10月10日に発表されます。ハノイ市文化スポーツ観光局のグエン・カック・ロイ副局長は次のように語りました。
(テープ)

「このコンクールは、ハノイ市党委員会が進めている「文化的なハノイ市民づくり運動」の一環です。コンクールの目的は、ベトナムの国土と人々の美しい姿を国内外の人々に紹介することにあります。この姿は名勝地や歴史遺跡、文化などで潜んでいます。」

次はスポーツニュースです。

*先頃、タイのプーケットで行われたアジア重量挙げ選手権大会2015で、ベトナム選手らは金メダル2個を含め合計で6個の各種メダルを獲得しました。その中で、ヴオン・ティ・フェン選手は48キロの重量挙げ女子の部で金メダルを2個獲得しました。

*先頃のバドミントンのブルガリアオープン2015で、ハノイの選手たちは素晴らしいプレーを見せ、金メダル2個、銅メダル1個を獲得しました。ハノイ市文化スポーツ観光局のズオン・ティ・リエンバドミントン部部長は次のように語りました。
(テープ)

「ここ数年、ハノイのバドミントンはかなり発展しています。かつては、ホーチミン市がトップに立っていましたが、ハノイはここ数年の全国大会で1位の座を占めています。ハノイは、外国の技を学び、プロのクラブという形でバドミントンへの投資を進めています。」

*7日から12日にかけてモンゴルで、23歳以下のアジアフェンシング選手権大会が行われています。この大会で、ベトナムのヴ・タイン・アン選手はサーブル男子部で金メダル1個を獲得しました。大会で素晴らしいプレーを見せているヴ・タイン・アン選手とグエン・ティエン・ニャット選手の二人は2016年のリオデジャネイロオリンピックの参加権を獲得すると期待されています。

ご感想

他の情報