文化スポーツニュース

初めは文化ニュースです。

・ 首都ハノイ市内の美術博物館で、2012年の「ホーチミン賞」と「国家賞」を授賞した美術作品と写真の展示会が行なわれています。漆絵、油絵、陶器、彫刻の作品合わせて39点が出展し、祖国の建設防衛事業に寄与してきた受賞者の貢献を示しています。

・ 先週、国立歴史博物館はシンポジウムを行い、2012年から2013年までの考古の研究と発掘の結果を報告しました。この期間に、同博物館は、全国各地で発掘を行ないました。今後、歴史博物館はベトナム海洋文化遺産の研究とその価値の活用を強化しすることになります。

・ 先週、ホーチミン市と首都ハノイで、トヨタコンサートが開催されました。ベトナム国立交響楽団の演奏と本名 徹次さんの指揮で、今回のコンサートはロシアの作曲家チャイコフスキー、日本の作曲家 芥川 也寸志(あくたがわ やすし)の作品及び交響曲向けにアレンジしたベトナム民謡「針に糸を通す」(xe chi luon kim)が披露されました。チャイコフスキーの作品バイオリン協奏曲を演奏したバイオリニスト フォン・ニーさん(14歳)は次のように明らかにしました。

(テープ)

「私は幼い頃からこの作品が好きでした。このコンサートは自分の夢を実現するチャンスとなりました。トヨタコンサートで演奏できたことを大変幸せに思います。」

次はスポーツニュースです。

・ 3日から7日にかけて、中部高原地帯ティグエン地方ダクノン(DacNong)省で、バレーボール選手権大会のPVカップが開かれています。この大会には国内の男子チームそれぞれ4チームずつがエントリーしています。

ベトナムバレーボール連盟のチャン・ドク・ファン理事長は次のように語りました。

(テープ)

「今回のバレーボール選手権大会には全国のトップとなる男子チームが参加しています。これは高い専門のある競技の一つです。私たちは各チームの準備を高く評価しています。」

・ 「ベトナムと日本の友好年」を記念して、3日から4日にかけて、ベトナムサッカー連盟はベトナム若手サッカー育成センターと連携して、ベトナムと日本の12歳以下のサッカー選手による親善試合を開催しました。この試合は、7人制サッカー競技ですが、5 人制サッカー競技規則を適用しました。

ご感想

他の情報