文化スポーツニュース


始めに、文化ニュースをお伝えします。

* 2015年国家観光年の一環として、先週、タインホア省は、ハウロック県にあるバーチェウ神社を国家特別遺跡に認定する証明書の受領式典を行ないました。この遺跡は、3世紀頃に外敵(当時の中国の東呉軍)との戦いを指導したチェウ・ティ・チン女将を祀る場所です。タインホア省人民委員会のグェン・ディン・スン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「バーチェウ遺跡地区はタインホア省の魅力的な観光スポットの一つです。タインホア省文化スポーツ観光局はハウロック県人民委員会と連携して、この遺跡地区の保存とその価値の活用に関するプロジェクトを立案しています。それを通して、ベトナム民族の女性英雄チェウ・ティ・チン女将を初めとするベトナムの女性の姿や、タインホア省民の親しみやすさを国内外の人々に紹介することになります。」





* 先週、南部ベンチェ省で、「ベトナムのココナッツ・参入と発展」をテーマにした第4回ベンチェココナッツフェスティバル2015が開催されました。ココナッツの栽培面積と収穫量が国内トップのベンチェ省のココナッツ関連製品は68の国と地域に輸出されています。フェスティバルでは、ココナッツ産地の飲食文化祭、ココナッツ栽培業者を顕彰する式典、ココナッツに関するシンポジウムなどが行なわれました。







* 9日から11日にかけて、ハノイで、第8回ハノイ電子音楽フェスティバルが行なわれました。国内外のアーチストらが参加し、世界で流行っている電子音楽を披露しました。このイベントの提唱者であるチ・ミン作曲家は次のように明らかにしています。

(テープ)

「このイベントの開催は、視聴者に音楽に関する知識を提供すると期待されています。8年間、この電子音楽に興味を持つ視聴者の数は増加していますが、とても嬉しく思っています」







次に、スポーツニュースをお伝えします。

* 先ごろ、ラオスで第4回東南アジア空手道選手権大会が開催されました。大会には、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、インドネシア、マレーシア7カ国のチームがエントリーしました。ベトナムは、金メダル12個を獲得し総合で一位に立っています。次いで、金メダル6個を得たタイです。







* 先ごろ、日本で開催された世界エアロビック選手権大会「スズキワールドカップ2015」に参加したベトナムのチームは銀メダル2個、銅メダル2個を獲得しました。今回の大会には22の国と地域から数百人の選手がエントリーしました。







* 先週、FIFA=国際サッカー連盟は4月の世界ランキングを発表しました。これによりますと、ベトナム代表男子チームは前回と比べ5ランクを上げ、東南アジア地域で1位、世界で125位となっています。

ご感想

他の情報