文化スポーツニュース

(VOVWORLD) - 今週の主な文化スポーツニュースをまとめてお伝えします。

先ず、文化ニュースです。

*     ベトナムが主宰するAPEC2017を祝うAPEC写真コンクールが行われていますが、ベトナムの3点の作品が決勝に進出しました。それらは、「ベトナムの工業化事業」や、「日没の生活」、「海の花」と題した作品です。なお、APEC写真コンクールには、加盟21カ国から2600点の応募作品があり、その授賞式が来週、ダナン市で開催される予定だということです。

*     10月30日から11月7日まで、ハノイの国立美術博物館で、「色彩」と題する絵画展が行われ、北部・中部・南部の15人の女性画家の45点の作品を紹介しています。この絵画展が開催されるのは今回が9回目となっています。  展示されている作品はいずれもベトナムの国土と人々の美しさを紹介し、女性たちの才能が表現されていると評されています。画家のチャン・ビンさんは次のように評価しています。 

(テープ)

「女性画家らは新しいものを披露しています。この展示会で紹介されている絵は私に深い印象を与えています。この展示会は長年にわたり、女性画家が交流し、経験を交換する場となっていますね。」

* 4日夜、ハノイのオペラハウスで、「トヨタ・クラシックス2017」が開催されました。  「トヨタ・コンサート」はトヨタベトナムと文化スポーツ観光省芸術公演局が共催するもので、1998年から毎年開催されており、今回で20回目を迎えます。今回は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーの「愛の挨拶」、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの「水上の音楽」などを演奏しました。演奏はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、指揮は英国出身の指揮者アンソニー・ウィーデン氏です。ゲストにピアニストのルウ・ホン・クアン氏を迎えました。

*     4日、南部ドンナイ省で、ベトナム南部の伝統的歌劇「カイルオン」と民間歌劇コンクールが開始されました。今回は全国の20の芸術団が参加しています。これは、アーティストらが交流し、経験を交換する場とみられています。

 

次はスポーツニュースです。

*     今週、サルマン・アル・ハリファ会長率いるAFC=アジアサッカー連盟の幹部代表団がベトナム訪問を行いました。ハリファ会長との会見で、VFF =ベトナムサッカー連盟のレ・フン・ズン会長は、AFC 会長の訪問を歓迎する同時に、「この訪問はベトナムサッカーの発展に役立つよう」希望を表明しました。一方、ハリファ会長は、ベトナムサッカーが収めてきた成績を高く評価し、「それらの成果はアジアサッカーの発展に貢献している」としています。また、「アジアサッカーの共通の目標のため、今後も、VFFを含め各国のサッカー連盟を支援していく用意がある」と強調しました。

*     今週、ハノイで、「ベストのゴルフ場」という称号の授与式が行われました。南部バリアブンタウ省の「The Bluffs Ho Tram Strip」ゴルフ場は2年連続で、この称号を獲得しました。組織委員会のブ・バン・イェン副委員長は次のように明らかにしています。

(テープ)

「ベトナムは40ヶ所のゴルフ場がありますが、その中の30ヶ所はこの称号の基準を満たせます。これは、ベトナムのゴルフ界の発展とファンの関心を示すものです。今回は、スコットランドの環境専門家を審査員として招きました。」

*     ベトナムが主催したアジアU23フェンシング選手権大会2017で、ベトナム選手団は3個の銀メダルと2個の銅メダルを獲得し、総合で3位に立っています。トップに立っているのは韓国で、次いで、中国となっています。なお、今大会には、21カ国・地域から250人の選手がエントリーしました。

* ギリシャで行われている世界ユース早指しチェス選手権大会では、ベトナム選手らは3個の金メダルを獲得しました。その中で、グエン・アイン・コイサンは2個の金メダルに輝いています。

*     既にお伝えしましたように、10月26日から11月3日までホーチミン市で、VFF=ベトナムサッカー連盟や、VOV=ベトナムの声放送局の共催により、東南アジアフットサル選手権「HDバンクカップ2017」が開催されました。3日夜、タイとマレーシアによる決勝戦が行われ、その結果、タイチームは4対3で、優勝しました。3位に立っているのはミャンマーです。ベトナムは4位に立ち、タイや、マレーシア、ミャンマーとともに、ASEANフットサルの代表として、台湾で開催されるアジアフットサル選手権大会2018にエントリーします。

ご感想

他の情報