文化遺産の保存と開発を促進

(VOVWORLD) - どんな理由があろうとも、遺産を犠牲にしてはいけません。
文化遺産の保存と開発を促進 - ảnh 1 会議で発言にたっているフック首相

27日午前、ハノイで、持続可能な開発のための文化遺産の保存と開発に関する会議が開かれました。会議にはグエン・スアン・フック首相、ヴ・ドゥク・ダム副首相、ユネスコベトナム事務所のマイケル・クロフト所長が出席しました。

会議で出された報告によりますと、ベトナム文化スポーツ観光省は、文化遺産の保護と開発に関する宣伝・啓蒙を強化すると共に、職人たちに依頼して若者に民謡などの無形文化遺産を教えるクラスを開くなど、人々に文化遺産の価値を理解してもらうために取り組んでいます。また、政府は2011年から2015年までの文化遺産保存国家プログラムを精力的に展開したほか、無形文化遺産の収集・保存・開発などに1020億ベトナムドン(日本円で約5億円)の資金を充てたとしています。

会議で発言にたったフック首相は、文化遺産の保存と開発は社会全体の責任であると述べ、次のように語りました。

(テープ)

「遺産は、自然が与えてくれた宝物か、先祖の労働の結晶です。私たちは、「どんなものもつくれるが、遺産はつくれない」という認識を徹底させなければなりません。そのため、どんな理由があろうとも、遺産を犠牲にしてはいけません。遺産を少しでも壊すことは、自らの過去を否定し、民族のアイデンティティを無くす意味です。」

このように語ったフック首相はまた、遺産の保存と開発を目指すために、遺産に関する人々の認識を向上させると共に、遺産の価値を日常生活において発揮させる必要があると訴えました。

関連ユース

ご感想

他の情報