文大統領、東南アジア歴訪終えて帰国

(中央日報)文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7日間の東南アジア3カ国の国賓訪問日程を終え16日午後9時にソウル空港を通じ帰国しました。

文大統領、東南アジア歴訪終えて帰国 - ảnh 1      文在寅大統領(写真 :Yonhap)

文大統領は10日に出国し、12日までブルネイ、14日までマレーシア、16日までカンボジアに滞在し各国首脳らと会談しました。

文大統領と各国首脳は今後の交流協力強化を約束し、今年末に韓国で開かれる韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議の成功にも力を合わせることにしました。今年初めての海外歴訪を終えた文大統領は今後参謀陣から主要懸案の報告を受け今後の国政運営方向を点検します。

特に歴訪期間中にアメリカと朝鮮民主主義人民共和国の間にできた冷気流で韓半島プロセスが難関に直面しただけに正確な状況把握と対策準備に力を注ぐ見通しです。


ご感想

他の情報