新たな米の対露制裁 露外務省がコメント

(jp.sputniknews.com)ロシア外務省のザハロワ報道官は、アメリカによる新たな対露制裁を、化学兵器などの不拡散や武器管理の範囲をぼかす政策の一部だと認識していると述べました。

27日、先に発表されていた対露制裁が発動しました。制裁の理由は、英国で3月に起きたスクリパリ親子の毒殺事件にロシアが関わり、化学兵器を用いたという批判しました。

「アメリカのこうした措置は、多国間および二国間の形式において存在する問題に関する対話の可能性をあらに複雑にするものだ。」と語りました。

ご感想

他の情報