新TPPの最終協定文発表、20項目以上凍結

[ロイター] -TPP=環太平洋連携協定に修正を加えた「CPTPP=包括的および先進的環太平洋連携協定」の最終的な条文が21日、発表されました。
新TPPの最終協定文発表、20項目以上凍結 - ảnh 1     (写真:AFP/ TTXVN)

アメリカを除く11カ国による協定が成立に向けて一歩近づいたことになります。

11カ国は今年1月、CPTPPについて、南米チリでの3月署名を目指すことで合意しています。

新協定では、医薬品の知的所有権保護を巡るルールなど、アメリカの要求によりTPPで合意した20項目以上が凍結あるいは変更されました。

11カ国のGDP=国内総生産は合計で10兆ドルに上り、世界全体のGDPの13%以上を占めますが、アメリカを加えると40%に達します。

ニュージーランドのパーカー貿易相は21日、「WTO=世界貿易機関ルールの効果的運用への脅威が増しているため、CPTPPは重要性を増している」と指摘しました。

トランプ大統領は1月にダボスで開かれた世界経済フォーラムでTPP参加国と多国間で交渉する可能性を示唆しましたが、パーカー貿易相は今後数年以内にアメリカが協定に加わる可能性は「非常に低く」、アメリカがCPTPPに加わる意向を表明しても、参加国がすべての凍結項目を解除する保証はないと述べました。

また、協定が2018年末あるいは2019年前半に発効する公算が大きいとも語りました。

オーストラリアのチオボー貿易相も「TPP11(CPTPP)は農業、製造業、鉱業、サービス業などあらゆる分野にわたり、わが国の新規雇用創出に寄与するでしょう。米州とアジアに広がる自由貿易圏で新たな機会を生み出すからだ」と述べ、協定による経済効果を強調しました。

ご感想

他の情報