日ロ外相会談 北方領土めぐる主張は平行線

(VOVWORLD) - 10日、日本の河野外務大臣とラブロフ外相はモスクワで会談し、北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉をめぐり、協議しました。
日ロ外相会談 北方領土めぐる主張は平行線 - ảnh 1 写真提供:AFP

両外相は、来月下旬のG20大阪サミットに合わせて予定されている日ロ首脳会談を前に、北方領土での共同経済活動の具体化を目指して、今月下旬にモスクワで作業部会を開くことを確認しました。

そして今月末には東京で、日ロの外務・防衛の閣僚協議、2+2や、外相会談を行うことでも合意しました。
一方、北方領土の主権をめぐっては、ラブロフ外相が、第2次世界大戦の結果、ロシアの領土となったことを認めるよう迫ったのに対し、河野大臣は従来の主張を繰り返し立場の隔たりは埋まりませんでした。
会談のあと河野大臣は「立場が異なる部分については、明確に日本の主張を申し上げ、かなり厳しいやり取りになった。70年間未解決の問題であり、そう簡単に双方が受け入れられるようにはならないが、論点を整理しながら、一つずつ前へ進めていきたい」と述べました。(NHK)

ご感想

他の情報