日中海洋協議

日本と中国の両政府は16日、東シナ海での危機管理や救難協力などを話し合う「海洋協議」の初会合を中国の杭州で開きました。日本の外務省幹部は「まずはお互いの関係者が顔を合わせ、連絡先を交換し、話し合う。今回の最大の目的は信頼醸成だ」と意義を強調しました。

初会合では、日中両国がそれぞれの省庁の体制や業務内容を紹介し、2国間の協力や交流について、意見を交わしました。全体会議の後、「政策・海洋法ワーキンググループ会議」を開き、両国は日本の海洋基本法など双方の国内法を説明しました。

 日本からは外務省、防衛省、海上保安庁などの関係者が出席しました。中国側は外務省、国防省や海洋監視船を所管する国家海洋局などが参加しました。

 2回目の会合は今年後半に日本で開きます。

ご感想

他の情報