日中議会交流、3年ぶり開催 歴史・尖閣では平行線

日中議会交流、3年ぶり開催 歴史・尖閣では平行線  - ảnh 1

(日経) 衆院と中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)の代表者が9日、国会内で「日中議会交流委員会」を開きました。2012年1月以来約3年ぶりの 開催で、議会同士の交流を通じて首脳レベルを含む日中政府間の対話促進につなげる狙でした。歴史認識や沖縄県・尖閣諸島問題を巡っては意見が平行線をたどったということです。

議員団団長は日本側が林幹雄衆院議院運営委員長、中国側は吉炳軒・全人代副委員長(副首相級)が務めました。林氏は「日中間で問題が生じても双方が大局に立って対話を継続することが重要だ」と述べました。

双方は防災協力や人的交流の推進で一致しました。尖閣問題ではそれぞれの立場を主張するにとどまりました。日本側は中国の軍事費について透明性が乏しいと指摘しました。中国側は国内総生産(GDP)全体の伸び率や人口比率などを根拠に正当性を強調しました。中国側は「日本が過去の歴史に誠実に向き合うことが重要だ」とも主張しました。

交流委員会は05年4月に始まり、今回が8回目となりました。ほぼ毎年開催していましたが、12年9月に日本が尖閣諸島を国有化して以来、中断していました。

ご感想

他の情報