日中韓貿易相会合、ソウルで30日開幕 3年ぶり

日中韓貿易相会合、ソウルで30日開幕 3年ぶり - ảnh 1
(写真:xaluan.com)


日本、中国、韓国は30日、ソウルで3カ国による経済貿易相会合を開きました。同会合は2012年以来3年ぶりです。日中韓のFTA=自由貿易協定交渉を加速する方針で一致するほか、域内の企業活動を後押しする策も話し合いました。

日本は林幹雄経済産業相、中国は鍾山商務省国際貿易交渉代表、韓国は尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源相が出席しました。同会合は02年に始まりましたが、日中、日韓の関係が悪化したため、12年以降は開けない状態が続いていました。

日中韓FTAは13年に交渉を始めましたが、貿易自由化の水準をできるだけ高くしたい日本とできれば低くしたい中国との間の溝が埋まっていません。日本が参加するTPP=環太平洋経済連携協定交渉が10月に大筋合意したことで、日本は中国が前向きな交渉姿勢に転じることを期待しています。


ご感想

他の情報