日中首脳会談 関係改善の歩み着実に

(tokyo-np.co.jp)安倍晋三首相と習近平中国国家主席が会談しました。

首脳同士が胸襟を開いて話し合う意味は極めて重いです。今年は日中平和友好条約の発効40年の節目でもあります。関係改善への歩みを止めてはなりません。

良好な関係に向けた着実な歩みを印象づけました。ロシア極東のウラジオストクで行われた日中首脳会談です。安倍、習両氏の会談は昨年11月以来、通算7回目です。

年内訪中に向けた調整を進める首相は、習氏の「歓迎する」との発言を会談後、記者団にわざわざ紹介しました。来年6月に大阪で開く20カ国・地域首脳会議時の習氏来日についても、習氏は「留意する」と応じました。

日中首脳の相互往来が滞り、首脳会談すらできなかった一時の関係を振り返れば大きな前進です。

10月23日は1978年の日中平和友好条約発効から40年の節目に当たります。これを機に首脳間の信頼構築に加え、関係改善の歩みを着実なものにしてほしいです。

世界第2、第3の経済大国が、経済をはじめ、地域の安定に緊密に協力する意義は極めて大きいです。

両首脳は、朝鮮半島の非核化実現に向けて緊密に連携することで一致し、拉致問題の早期解決を目指す日本の立場に、習氏は「完全な支持」を表明した、といいます。

ご感想

他の情報