日朝会談条件付けずは首相の決意

(VOVWORLD) -7日の記者会見で、菅義偉官房長官は、安倍晋三首相が条件を付けずに朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指す考えを示したことに関し「首相は、次は自分自身が金氏と向き合うとの決意を述べていました。

条件を付けずに会談実現を目指すとは、そのことをより明確な形で述べたものだ」と説明しました。

河野太郎外相は会見で、朝鮮民主主義人民共和国は政策判断をトップレベルで行うケースが多いとした上で「日本としても拉致、核、ミサイル問題解決に向け日朝首脳会談が必要なのは明白だ」と指摘しました。

自民党の加藤勝信総務会長は、さまざまな課題に答えを出したい首相の意向が表れたとの見方を示しました。

ご感想

他の情報