日本と防衛協力堅持、米国務長官が確約

日本と防衛協力堅持、米国務長官が確約 - ảnh 1

[ロイター] アメリカのケリー国務長官は27日、アメリカは日本との防衛協力にコミットしており、協力の適用範囲には尖閣諸島も含まれるとの見解を示しました。

日本とアメリカ両政府はこの日、ニューヨークで外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開き、自衛隊と米軍の役割分担を定めた防衛協力の指針(ガイドライン)の改定に合意しました。ガイドラインの見直しは18年ぶりで、日本とその周辺の安全確保に主眼を置いてきた日米同盟は、地理的範囲、内容ともに大きく広がり、新たな段階に入ります。

会合後の共同記者会見でケリー長官は、合意について「日米の防衛協力における歴史的な転換点となる」と指摘しました。「米国の日本の安全に対するコミットメントは引き続き堅固で、尖閣諸島も含む、日本政府が管轄するすべての地域が適用範囲に含まれる」と述べました。

ご感想

他の情報