日本の参院選 きょう投票

(VOVWORLD) -日本の参議院選挙は21日に投票日を迎え、東海北陸でも一部の投票所を除き午前7時から投票が始まりました。
日本の参院選 きょう投票 - ảnh 1     写真:AFP/TTXVN 

第25回参議院選挙は、公示日の7月4日から20日までの17日間の選挙戦を経て、21日、投票日を迎えました。
投票は、一部の投票所を除き、午前7時から始まりました。
今回の参議院選挙で、東海北陸地方の7つの選挙区には、あわせて11人の定員に対し30人が立候補しています。
投票は、終了時間が繰り上げられる一部の投票所を除いて午後8時で締め切られ、即日開票されます。

この出来事について、内山融 東京大学大学院総合文化研究科教授は、勝敗ラインについては安倍首相が、「与党で過半数を確保することだ」とする中で、「日本の外交政策はこの選挙後に、大きな変化はない」との見通しを明らかにしました。

アジア地域について、内山教授は「日本は、CPTPP協定などのような自由貿易政策を実現し続ける。」と明らかにしました。また、ベトナムについては「米中貿易戦争の背景の中で、日本を含む各国の企業は、ベトナムに生産工場をシフトさせてきた。そこで、ベトナムと日本との関係は、今後も日増しに発展する。」と評価しました。

ご感想

他の情報