日本へ派遣される看護師教育活動

ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の日本への派遣は2008年に締結されたEPA=日越の経済連携協定に基づいて実施されています。

2012年、このプログラムの実施により、候補者150人が日本語教育を受けました。今年9月1日から30日にかけて、180人の候補者が日本語講座に参加します。

日本へ派遣される看護師教育活動 - ảnh 1
看護師訓練クラス

28日、ハノイで行われたベトナム人看護師・介護福祉士候補者の日本への派遣プログラムを紹介するセミナーで、労働傷病軍人社会事業省所属国外労働局のレ・バン・タイン( Le Van Thanh)副局長は次のように語りました。

(テープ)

「これは業務能力を十分に備えた人材を国外へ派遣するプログラムです。これらの看護師・介護福祉士は日本の先進的な技術を学びます。帰国した後、これらの人々はベトナムの医療部門に貢献できます。その一方、これらの看護師・介護福祉士は日本の人材不足問題の解決にも寄与し、ベトナムと日本との友好関係の強化に役立ちます」

これらの候補者はベトナムで12ヶ月間にわたり、日本語教育を無料で受けます。その後、労働傷病軍人社会事業省所属国外労働局は日本の関連機関と協力して、これらの候補者を日本の各病院や診療所に推薦します。

ご感想

他の情報