日本企業、ベトナムで新たな投資チャンスを得る

(VOVWORLD) - 7日午後、神奈川県、横浜市で、「ベトナム・日本投資協力フォーラム」が行なわれました。

席上、在日本ベトナム大使館のグエン・クォク・クオン大使は「国営企業の株式化やインフラ整備でのPPP官民連携、スタートアップは日本企業に新たなチャンスをもたらすであろう」と強調しました。

また、ベトナム政府は企業、国民の満足度を尺度と見なし、発展事業への有利な環境づくりを進めていると明らかにしました。

一方、計画投資省のブ・ダイ・タン次官は「ベトナムは国営企業の株式化や交通システム、電気網、港湾などのインフラ整備でのPPP官民連携への外国人投資家の参加を激励する方針である。また、第4次産業革命やスタートアップ生態系づくりを進めており、投資手続きの簡素化に取り組んでいる」と強調しました。

ご感想

他の情報