日本医療ビザ 発給者の84%が中国人

(VOVWORLD) -中国人観光客が東京の銀座で「爆買い」するというニュースが数年前に話題になりましたが、最近は多くの中国人が日本特有のサービスや体験を求めるようになっています。中でも、医療サービスが注目を集めています。
日本医療ビザ 発給者の84%が中国人 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

日日向上国際株式会社の李鑫副社長は、「近年、多くの患者が日本で医療サービスと健康診断を受けている。これは日本の多くの病院が外国人の患者を意欲的に受け入れ、診察の条件を緩和しているためである。例えば、中末期のがん患者を多く受け入れている」と話します。外務省の統計によりますと、日本政府は2011年に医療ビザを設置し、同年の医療ビザ発給件数は70件に達しました。2018年は1650件で、うち84%が中国の患者に発給されました。

 観光ビザで日本に入国する外国人旅行者も医療サービスを受けられますが、長期治療または3カ月以上の手術治療を受ける場合は医療ビザを取得しなければいけません。国内の診察者の増加が見込めないため、東京にある美容整形外科の自由が丘クリニックは7年前から国際知名度の向上に取り組みました。古山院長によりますと、2010年、同院は外国人患者をほとんど受け入れていませんでしたが、2018年に中国大陸からの患者は1200人を超えました。

ご感想

他の情報