日本、台風接近 猛烈な雨や風のおそれ

(NHK) -大型で非常に強い台風24号の影響で、四国では、29日は激しい雷雨となる見込みです。30日は台風の接近に伴って猛烈な雨や風となるおそれがあり、早めの対策が必要です。
気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風24号は、午後4時には那覇市の北北西およそ60キロの海上を1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。
台風は勢力を維持しながら、30日、四国にかなり接近し、上陸するおそれもあります。
台風の影響で、四国の広い範囲で雨が降っています。
29日は、雷を伴って多いところで太平洋側では1時間に40ミリ、瀬戸内側では1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みです。
30日は台風の接近に伴い、局地的に、1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。
30日朝までの24時間に降る雨の量は、多いところで太平洋側で200ミリ、瀬戸内側で150ミリ、1日朝までの24時間には、太平洋側で300ミリから500ミリ、瀬戸内側で200ミリから300ミリと予想されています。
風も急速に強まって、30日は猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は太平洋側の海上で45メートル、太平洋側の陸上と瀬戸内側の海上で40メートル、瀬戸内側の陸上で35メートル、最大瞬間風速は50メートルから65メートルと予想されています。
海上では波も高くなり、30日はうねりを伴って、太平洋側で13メートル、徳島県北部で10メートルの猛烈なしけとなる見込みです。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫や高潮などに警戒するよう呼びかけていて、早めの対策が必要です。

ご感想

他の情報