日本、台風12号 豊前市付近に再上陸

(VOVWORLD)(NHK) -日本の気象庁は、台風12号が午後5時半ごろに福岡県豊前市付近に上陸したと発表しました。
台風は30日朝にかけて九州北部を通過する見込みです。
この時間、台風を取り巻く活発な雨雲が次々と九州に入っていて、九州では30日にかけて局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象台は暴風や高波のほか、土砂災害などにも警戒するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、台風12号は午後5時半ごろに福岡県豊前市付近に上陸したと発表しました。

午後5時の時点では中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の北西側330キロ以内と南東側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

すでに北部を中心に九州の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入っていて、30日の朝にかけて九州北部を進み、西の海上に出る見込みです。

九州北部では、しばらくは非常に強い風が吹き、30日にかけて予想される最大風速は陸上で18メートル、海上で20メートル、最大瞬間風速は陸上で25メートル海上で30メートルに達すると予想されています。

台風を取り巻く発達した雨雲が次々と九州北部に入っていて、午後5時半までの1時間には、添田町で34.5ミリの激しい雨を観測したほか、英彦山では25.5ミリの強い雨を観測しました。

30日にかけては、雷をともなった1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

このあと29日に予想される雨の量は、いずれも多いところで、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、それに奄美地方を除く鹿児島で1時間に50ミリ、大分は40ミリ。

30日夕方までの24時間では、宮崎、それに奄美地方を除く鹿児島で180ミリと長崎、熊本、大分150ミリ福岡、佐賀120ミリ予想されています。

その後も雨が続き、30日夕方から31日夕方にかけての24時間では、宮崎と奄美地方を除く鹿児島で100から200ミリ、大分で100から150ミリ、熊本が50から100ミリ、福岡と佐賀、それに長崎がおよそ50ミリと予想されています。

台風は、速度を次第に落とすと予想されることから九州では台風の影響が長時間続くおそれがあるほか、今回の台風は異例のコースとなっていることから、雨や風の強まる場所や雨の降り方などが通常と異なり、これまでの経験が通用しない可能性があります。

気象台は、暴風や高波のほか、土砂災害や川の増水などにも警戒するとともに、高潮や落雷、突風に注意するよう呼びかけています。

ご感想

他の情報