日本防衛相、米朝会談の開催地シンガポールに連携訴え

(sankei.com)日本の小野寺五典防衛相は21日、シンガポールのウン国防相と防衛省で会談し、6月12日にシンガポールで開かれる予定の米朝首脳会談に向けて緊密に連携することを確認しました。

日本防衛相、米朝会談の開催地シンガポールに連携訴え - ảnh 1 日本の小野寺五典防衛相(写真:AFP/TTXVN)

小野寺氏は「北朝鮮は融和的な態度を取っているが、まだ何も正式に約束していない。全ての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄に向け、具体的行動を引き出していきたい」と述べました。ウン氏は「(米朝会談で)良い結果が生まれることを願っている」と応じました。また、朝鮮民主主義人民共和国籍船舶が経済制裁逃れを目的に洋上で物資を移し替えて密輸する「瀬取り」に対する日本の取り組みを評価しました。

小野寺氏は、来月初旬にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席する意向を伝えました。両氏は中国が軍事圧力を強める南シナ海などの地域情勢についても協議しました。2国間や日本とASEAN=東南アジア諸国連合との防衛協力を前進させる方針でも一致しました。

ご感想

他の情報