日欧加など31日次官級会合、米自動車関税への対応協議=関係筋

[ロイター] - カナダ、EU=欧州連合、日本、メキシコおよび韓国は31日にジュネーブで次官級会合を開き、アメリカが検討している自動車・同部品の追加関税への対応を協議します。複数の政府高官が明らかにしました。

日欧加など31日次官級会合、米自動車関税への対応協議=関係筋 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

米商務省は5月23日、自動車・同部品の輸入が安全保障上の脅威となっているかどうか、通商拡大法232条に基づき調査を開始すると発表しました。商務省は数週間以内に調査を終える見通しです。

関係筋によりますと、複数の主要自動車生産国がここ数日、調査への対応について話し合っているといいます。

カナダとメキシコの高官がロイターに明らかにしたところによりますと、各国の次官らが31日にジュネーブに集まり、この件について意見を交わします。

カナダ政府高官は「主な自動車生産国が集まり、米通商拡大法232条に基づく自動車・同部品の調査に関する懸案事項について協議する会合になる」と語りました。

メキシコ経済省は、ベーカー経済次官がジュネーブを訪問することを確認しました。訪問の目的のひとつはWTO=世界貿易機関のアゼベド事務局長との会合だとしています。カナダ外務省はコメントを拒否しています。

アメリカが導入した鉄鋼・アルミニウムの追加関税に対しては、EUとカナダ、メキシコがアメリカ産品に報復関税を課しているほか、WTO=世界貿易機関に提訴しています。

関連ユース

ご感想

他の情報